2018年10月10日

レーザー攻撃から航空機パイロットを保護するためにレーザーゴーグルを購入

レーザー攻撃から航空機パイロットを保護するためにレーザーゴーグルを購入


オハイオ州ライトパターソンAFB - 米空軍の飛行安全専門家は、飛行機のパイロットや航空クルーを眩惑的で強力レーザー兵器から守るためにレーザー保護眼鏡が必要でした。オハイオ州ライト・パターソン空軍基地の空軍ライフサイクル・マネジメント・センターの関係者は、金曜日に両眼にレーザー・アイ・プロテクションのための2億9000万ドル相当の契約を発表した。


近年の軍用、商用、一般航空機のパイロットは、一般的なレーザーポインターから敵対的な軍隊の精巧なレーザー眩惑器に至るまで、地上のレーザーからの脅威が増大しています。ときには、これらのレーザーは一時的な失明や方向のそぎ落ちを引き起こすことがあります。特に夜間には、航空クルーの視力が暗闇に調整されます。 他の場合は、レーザーの種類と強度に応じて、永久的な失明や目の傷害を引き起こす可能性があります。


事実、中東および南シナ海の米国のパイロットに対するレーザー攻撃の数は、2016年に報告された約600件に上り、2015年には中東で約700件の事件が報告された。


これらのレーザーゴーグルは、視力に影響を与えることなく、低強度のレーザーからパイロットを保護するように設計されています。レーザーによる溶接、切断、加工等レーザー光線の放射される場所における作業、又はその周辺で行われる作業、飛行機の運転に適応します。


レーザーゴーグル




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。